• ホーム
  • H2ブロッカータイプの胃腸薬

H2ブロッカータイプの胃腸薬

お腹を抱える女性

胃腸薬のような医薬品は、他の医薬品と併用すると作用が弱まってしまったり、思わぬ副作用が出たりすることがあります。
なので、あらかじめ製品に添付されている使用上の注意をよく読んで、正しく服用することが大切となります。
こうした胃腸薬にもいくつかの種類がありますが、例えば制酸剤とよばれるタイプのものは、胃酸を中和する作用があります。
胃酸が出すぎて胃が痛くなったり、胸焼けがしたりといった症状を改善するのに効果があります。

しかし、コーラやサイダーのような炭酸飲料といっしょに服用してしまうと、本来であれば胃酸を中和するはずの胃腸薬が、炭酸飲料に含まれる酸を中和する方向にはたらいてしまいます。
これにより、効き目が悪くなってしまうおそれがあります。
制酸剤を服用するときは、かならず水やお湯で服用するようにと注意事項に書かれているのはそのためといえます。

胃腸薬にはH2ブロッカー系と呼ばれる種類があります。
例えばガスター10はそれに該当し、ファモチジンという成分が含まれています。
ファモチジンは胃酸の分泌を抑制する働きがあります。
胃酸の分泌はH2受容体とヒスタミンが結びつくことで起こります。
その結合をブロックすることで分泌を抑制することができます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧