• ホーム
  • 漢方胃腸薬やネキシウムで胃腸や糖質改善

漢方胃腸薬やネキシウムで胃腸や糖質改善

現代人はストレスや不規則な生活時間帯による自律神経の乱れが影響して、胃腸の状態が良くない人が多いです。
胃腸を整える薬は数多くありますが、ストレスや自律神経の乱れが原因による胃腸の痛みを改善してくれる薬はありませんでした。
しかし、最近ではそれらの原因による胃腸の問題を解決するために開発された薬が開発されており、その薬を服用することによってストレスなどで起こる胃腸の痛みを改善することが可能となってきています。
ストレスや自律神経の乱れによる胃腸の問題を改善する薬である爽和は、精神的な心の負担を和らげる効果を持つ成分の生薬を配合しています。
服用することにより精神の緊張状態が緩和され気持ちを落ち着かせて胃腸を改善する働きをします。
心の問題から胃腸を悪くしやすい人は、爽和を服用してみることをおすすめします。

精神的なストレスなどが原因で起こる胃腸の症状の中でも、吐き戻しやすい逆流性食道炎の症状がでる場合には爽和の服用ではなくネキシウムという薬が向いています。
ネキシウムは逆流性食道炎の症状の改善に特に適した薬であり、胃酸の分泌を抑える作用が高く吐き戻しを起こしにくくし、その他に胃がんの原因にもなるピロリ菌の除菌もできる働きも持っています。

吐き戻しやすいという人は爽和ではなく、ネキシウムを服用して改善するようにしましょう。
爽和も胃腸の症状全体に効きますが、早期に治したいようならネキシウムが一番です。
また、鎮痛鎮痙剤であるロートエキスなどの成分が含まれた、胃腸の過度な運動や緊張を緩めて、痛みを和らげてくれる薬もあります。
以上の2つの薬の効果を高めるには、日常の食事習慣に注意することも重要です。

胃腸薬の効果を妨げる原因に胃酸過多がありますが、これは糖質の摂りすぎによってなることが多いです。
お米やパンなどの糖質を好んで食べる人は少し控えめにするようにしてみましょう。
ネキシウムは個人輸入代行業者等を使えば、ジェネリック医薬品などを安く購入する事が可能です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧