• ホーム
  • 成人病の予防になるプラセンタ

成人病の予防になるプラセンタ

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療に用いられる医薬品としてよく知られるものとなりました。
同様にして市販薬として胃潰瘍などの治療に用いられる医薬品にガスター10があり、薬局でも簡単に購入できるようになったことによってより知名度の高い医薬品となっています。
ネキシウムもガスター10も胃において胃酸の分泌を抑制することによって胃の酸性度を下げることができるというのが、胃潰瘍などの治療に効果を発揮する作用として知られています。
これらの医薬品は胃酸の分泌を抑制するメカニズムに違いがあります。
胃壁を作っている壁細胞にはプロトンポンプと呼ばれる胃酸を分泌することができるタンパク質が存在しています。

プラセンタは、脳疾患の予防や改善に効果が期待できると言われています。
プラセンタは豚や馬などの動物の胎盤から抽出した成分で、主に肝機能障害の改善効果が期待されているものです。
成人病は、脳梗塞や脳出血などの脳疾患を引き起こす危険性もあります。
例えば、高血圧が続いた状態は高血圧症と呼ばれます。
この状態が続くと、血管に圧力がかかって動脈硬化が引き起こされるリスクが高くなります。

脳の近くで動脈硬化が起きれば、脳梗塞などの脳疾患の危険性が高くなります。
プラセンタには、基礎代謝を高める、血行を促進させる、造血作用、などの効果があります。
これらの作用により、免疫力が高まって自然治癒力を高める効果も期待できます。
プラセンタには血液凝固抑制作用があるため、動脈硬化のリスクを下げ、脳疾患を予防できる可能性もあります。
成人病が怖いのは、ある日突然起こるのではなく、日頃の生活の積み重ねでじわりじわりと体を蝕んでいくところです。

閉塞などの症状は、動脈が完全に詰まってしまった時に起こるのではありません。
完全に詰まるのではなく、75%は血液が流れた状態でも閉塞が起こると言われています。
じわじわ血管が詰まっていく場合には、閉塞しそうな血管の周りに細かい血管がつくられて、栄養や酸素を受け取れない状態を回避できますが、何かの原因で少しでも詰まってしまえば、一気に脳梗塞に陥ってしまう恐れもあります。
つまり、昨日まで元気だった人がある日突然倒れてしまう危険性もあるということです。

成人病は日頃の生活習慣を整えることが何よりも大切ですが、その一環としてプラセンタを使ってリスクを下げるのも良いでしょう。
また、症状の改善にも役立ちます。

関連記事