• ホーム
  • 市販の胃腸薬で胃肉腫に対処できる?

市販の胃腸薬で胃肉腫に対処できる?

胃腸に不調を感じたときには、胃腸薬を服用することが効果的です。
胃腸薬を服用する時には、原因をしっかりと把握してから服用することが大切です。
胃腸が不調になる原因は、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃酸の出過ぎによるものもありますが、精神的なストレスなどさまざまなことが関係していることがあります。
原因と合っていない場合に胃腸薬を服用しても効果が出ないこともあります。
細菌性のウイルスが原因で食中毒を起こしている場合には早急に医師による治療が必要になりますので、2~3日の間の食事の内容や精神的なストレスがかかるようなことがなかったかを考えてみましょう。

胃腸薬には胃酸が過剰に分泌している時に胃液を中和する「制酸薬」や、反対に胃酸が足りない時に胃の働きを助ける消化薬、健胃薬などの種類があります。
腸内感染を予防する整腸剤や下痢止めなどの胃腸薬もあるので、自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。
胃腸薬を服用する時には、ほかの薬などと一緒に飲むと効果が弱くなったり副作用が出る危険性もあります。
特に制酸剤は胃酸を中和する作用があるため、炭酸飲料と一緒に飲むと炭酸の中和をしてしまい胃酸への働きが弱まってしまいます。

また、牛乳と一緒に飲むと吐き気や頭痛、食欲不振などの症状が出ることがあるので、服用の際には気をつけましょう。
胃や腎臓などの内臓疾患や血液の病気、免疫系の病気にかかっている人や高齢の方は、胃腸薬の服用によって副作用が起きる危険性があります。
自己判断で服用することはせずに、説明書をしっかりと読むようにしましょう。
また、購入する時に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ネキシウムは胃酸の分泌をブロックする働きがあり、胃酸過多を防ぎ十二指腸潰瘍や胃潰瘍の治療にも使われます。
ネキシウムには腸の働きを活発にする作用もあります。
そのため、便秘予防のために利用している人もいます。
もし、病院で処方された場合は服用期間は8週間までとなります。

関連記事