• ホーム
  • プロトンポンプ阻害剤としてのネキシウム

プロトンポンプ阻害剤としてのネキシウム

トイレで吐いている女性

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった胃液の酸性度の高さが病状を悪化させることになる疾患の治療に用いられる治療薬であり、特に重症の場合には頻繁に処方されています。
ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤と呼ばれる治療薬であり、同様にして用いられるH2ブロッカーと呼ばれるものに比べていくつかの特徴があります。

プロトンポンプは胃壁から胃酸の分泌を行っているタンパク質であり、その機能を抑制することができるのがプロトンポンプ阻害剤の特徴です。
そのため、胃酸分泌をどのような内外からの刺激からも抑制することができるということから胃酸分泌抑制効果が高いというのが特徴として知られています。
また、効果が持続的であって1日1回という少ない投与回数でしっかりと効果を発揮することができるのもネキシウムの特徴です。
これはプロトンポンプ阻害剤としてプロトンポンプの機能を不可逆的に阻害してしまうことができるからであり、実質上、プロトンポンプを機能できないままにしておくことができるという特徴があるからです。

そのため、ネキシウム自体はすみやかに代謝を受けて血液中の濃度は低下してしまうのですが、およそ一日程度は十分に効果を発揮し続けることが可能です。
長時間に渡ってプロトンポンプの機能を阻害しておくことができる医薬品となっています。
一方、ネキシウムがプロトンポンプと相互作用するためには酸によって分解を受ける必要があるため、飲んでもすぐには効果が現れてこないということもよくあります。
ある程度の期間にわたって使用するときには問題がありませんが、即効性を期待するとH2ブロッカーには劣ってしまうことも多いのが特徴です。

胃や腎臓などの内臓疾患や、血液の病気、免疫系の病気にかかっている人や、高齢の方は、胃腸薬の服用によって副作用が起きる危険性があります。
自己判断で服用することはせずに、「使用上の注意を」しっかりと読むようにしましょう。
また、購入する時に、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

関連記事
  • お腹を抱える女性
    H2ブロッカータイプの胃腸薬 胃腸薬のような医薬品は、他の医薬品と併用すると作用が弱まってしまったり、思わぬ副作用が出たりすること... 2019年07月13日
  • 人間の胃
    ネキシウムとガスター10 ネキシウムは胃酸の過多を抑える効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療に用いられる医薬品としてよく... 2019年06月26日
サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ