ネキシウムとガスター10

人間の胃

ネキシウムは胃酸の過多を抑える効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療に用いられる医薬品としてよく知られるものとなりました。
同様にして市販薬として胃潰瘍などの治療に用いられる医薬品にガスター10があり、薬局でも簡単に購入できるようになったことによってより知名度の高い医薬品となっています。

ネキシウムもガスター10も胃において胃酸の分泌を抑制することによって胃の酸性度を下げることができるというのが胃潰瘍などの治療に効果を発揮する作用として知られています。
これらの医薬品は胃酸の分泌を抑制するメカニズムに違いがあります。
胃壁を作っている壁細胞にはプロトンポンプと呼ばれる胃酸を分泌することができるタンパク質が存在しています。

その胃酸分泌機能を促すように壁細胞にシグナルを出す受容体として、アセチルコリン受容体、ヒスタミン2受容体、ガストリン受容体が知られています。
それぞれアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンが結合することによって壁細胞に対してプロトンポンプを動かして胃酸を分泌するようにシグナルが生じます。
この胃酸分泌過程の際に、ヒスタミン2受容体を阻害することによって胃酸の分泌を抑制するのがガスター10であるのに対し、プロトンポンプの機能を阻害することによって胃酸の分泌を抑制するのがネキシウムです。
こういった違いがあることによって胃酸分泌を抑制する効果の高さに違いが生じています。

ネキシウムの場合にはアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンのいずれの刺激によっても胃酸を分泌させないことができますが、ガスター10の場合にはヒスタミンによる刺激による胃酸分泌のみを遮断することができます。
そのため、より高い効果を発揮します。

ネキシウムの副作用として食欲不振が表れることが知られていますが、ネキシウムを服用した結果として食欲亢進が見られる場合もあります。
これは胃の不快感が軽減されたことによって低下してしまっていた食欲がもとに戻ってくることによって起こるものであり、ネキシウムがしっかりと効果を表していることを示しているものと言えるでしょう。
食欲亢進が見られてきた時には、ネキシウムの服用をやめるタイミングが近づいているということであり、医師に相談して状況を判断してもらうようにすると正しい判断を下すことができるようになります。
完治しているとは限らないので医師の指示を必ず仰ぐようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧